×

grade陽一郎園の歴史

陽一郎園は先代の故大畠陽一郎が昭和35年に樽地区でいちごを作り始めるところから始まりました。
(渋川広域地区で陽一郎の従兄弟の羽鳥氏がいちごを初めて導入して 一年後のことでした。)

その当時は石垣いちごから始まりました。 
苺を作り始めた当初、主品目は酪農や葡萄、米、養蚕でまだ日本で始まったばかりの、何の知識も無いいちご作りから始まりました。
 当時の品種は‘ふくば‘と言う品種で、いちご一粒一粒に袋をかけ、収穫時に袋を取ると、うどん粉病で売り物にならなかったり、露地のため腐ってしまったり、苦労の連続だったそうです。
 

 始めた当初7~8人いた樽いちご組合員も、いちご作りの難しさや大変さで一人抜け二人抜けで、今現在の4園のいちご園で落ち着きました。販売用の箱も今では嘘だろ!と思うような木箱で、しかも釘を打ちつけ手作りで一箱一箱作ったそうです。

当時のいちごの価格はすごく高価でいちご一箱が大工さんの一日の日当と変わらなかったそうです。
その高価ないちごを陽一郎は背負子(背中に背負う道具)に背負って電車(上越線)に乗り東京の市場まで運んだそうです。

それから数年経ち、いちご作りの技術も少し進み、いちごの品種も‘ダナーへ、ダナーから宝交早生‘に変わり、収量も増えましたが収穫の重労働は増し、仕事は細かく大変さも増したある年、陽一郎は他県で始めた観光いちご園を自分もやってみたいと思いました。

 およそ昭和45年頃より意気揚々と始めたいちごの摘み取り(観光)も最初はぜんぜんお客さんが入ってくれずそのまま腐っては整理することも多かったそうです。
しかし地元に在住の読売新聞の記者の目に留まり話題性があると記事に載せていただきそれからは間に合わないほどお客様が増えたそうです。(良かった~!)

 それから数年後でしょうか・・・いちごの長期かぶれと言う作型を導入し、10月中に誰も出荷しない時期のイチゴ作りにもチャレンジしました。がパイオニアとしての栄光はけして儲けと比例するとは限りません。大失敗で1年目が終わりました。
ちなみにその年の最初の数箱のいちごは一箱が1万円したそうです!

昭和も平成に変わる頃、当時作り始めていた女峰を早い時期に収穫できないかチャレンジしました。
当園では冷水耕と言う施設を使い10月下旬より女峰の早出しに成功しました!
当園が出荷していた群高青果ではまだ誰も出荷していない時期で、当時就農していた私が市場に搬送しましたが、まるで「いちご様」と言った扱いでした。

それから約10年経ち何か面白い取り組みはないかと考えていた父と私は全国でもまだ始まったばかりの人工培地による高設栽培を導入しようと決めました。
これは観光いちごの世界では画期的なもので今も半数以上のお客様に喜ばれております。

現在陽一郎園では高設栽培4棟、土耕栽培5棟、育苗ハウス2棟、その他育苗施設など、持てるまでになり、2005年より農業生産法人に登録することができました。

 観光いちご園を始めた当時の陽一郎の苦労といちご作りを導いてくれた陽一郎園創設者の父陽一郎に感謝と尊敬の念をこめて、この文を記させていただきました。       

農業生産法人 有限会社 STRAWBERRY FARM 陽一郎園  
代表取締役     大畠篤司


のんびり遊んで楽しんで

person 営業時間
営業期間 直売: 12月上旬〜6月上旬 イチゴ狩り: 12月中旬〜6月上旬 休園日: 1月1日、不定休 ※イチゴ狩り: 朝9:00より開園いたします。混雑時は、土・日・祝日限定で朝8:00より整理券を配布しております。 [続きへリンク]
beach_access 直売情報
直売の営業は9:00〜およそ2:00ぐらいまでです。日によって、売り切れる場合があります。ご了承ください。(2018年1月7日更新) サイズ 値段 3L 600円 2L 600円 L 550円 S 円 特A 550円 平並べ 1200円 黒トレー 650円 B(800g) 500円 [続きへリンク]
feedbacks いちご狩り情報
イチゴ狩り入園料(練乳付き、おかわり自由)※幼児は3歳より 期間 大人 小学生 幼児 12/23〜4/10 1500円 1400円 1200円 4/11〜5/6 1300円 1200円 1000円 5/7〜6/上旬 1000円 900円 700円 [続きへリンク]
done イチゴ畑の一年
9月植えと3月植えで育苗専用の高設ベンチに親苗を植えます。 親になる苗は試験場で育てた苗(ウイルスフリー)などを購入します。 ※ウイルスフリーとは簡単に言うと病気の心配のない苗。 3月~6月:植え付けた親苗を育ててランナー(つる)をいっぱい出します。 ランナー(つる)はよく見ると小さい苗になっていま… [続きへリンク]
grade 陽一郎園の歴史
陽一郎園は先代の故大畠陽一郎が昭和35年に樽地区でいちごを作り始めるところから始まりました。 (渋川広域地区で陽一郎の従兄弟の羽鳥氏がいちごを初めて導入して 一年後のことでした。) その当時は石垣いちごから始まりました。  苺を作り始めた当初、主品目は酪農や葡萄、米、養蚕でまだ日本で始まったばかりの… [続きへリンク]
photo_filter いちごビートル
当店のマスコットのいちごビートル! 外装のいちごデコレーション、内装もいちご柄と徹底しております。 シーズン中はいちご狩りセンターに展示しており記念撮影ができる様になっております。 ご希望があれば車に乗って撮影も可能です。 [続きへリンク]